新大久保というと、コリアンタウンがあることで有名だったりしますが、一昔前までは冬のなんちゃらっていう韓流ドラマをはじめとする韓国系の番組の流行だとか、K-POPが今熱い!っていう謎のごり押しなんかが発生していた影響で、年配の方から若者まで人気を集めていたために賑わっていたものの、現在では新大久保駅人通りはものすごく激減しているのです。それはなぜかというと、きっと皆さんもニュースなどを見てご存知だとは思うのですが、今は韓国そのものが嫌われてきているんですね。そもそも日本という地で韓国の文化を根付かせようという考え方がよくわからなかったのですが・・・。日韓関係というのはどんどん悪化していく一方であり、最近の世論調査なんかでは日本人の9割近くが韓国との関係は悪いって答えていたりするんですよね。新大久保はそういうごたごたに巻き込まれたせいで、悪いイメージばかりがついてしまっている気がします。
本来の新大久保の姿は、寒流・・・おっと間違えた、韓流ブームが来る以前は、コアなお店が並んでいたり、ちょっとした隠れ家的な、不思議な雰囲気のある街並みがあったりしたのですが、そこへ韓国という異文化がやってきてからは、それに乗っかって荒稼ぎしてやろうとする汚い考えを持つ人間が多く集まり、その結果新大久保のイメージがコリアンタウン一色に変えられてしまって、挙句の果てには今やデモ隊なんかが行き交うような街になってしまいました。もともとあったお店なんかはもうどんどん閉店していってしまっていますし、雰囲気がギスギスしているせいか、住んでいる人たちのマナーも悪くなってしまっている印象があります。
いつか日韓の関係が良くなればもとの街に戻ることはあるのでしょうか…。今のところ望み薄という感が否めないですね。流行というものはおそろしいものです。

【おすすめのサイトへ】
東京・新大久保のデリヘルで可愛い女の子探すならヘブンネット

2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

Bookmarks